時間をかけてこだりぬいた注文住宅での家づくりの醍醐味とは…

きれいな家

時間をかけて愛着のある注文住宅を建てる

青い一軒家

注文住宅の特徴は、これから長く住む家と時間をかけてたくさん関われるということです。たくさん関われるということは、自然と愛着が湧きます。
やはり魅力は、自分の思い通りでにできること。担当者ととことん話し合って、間取りやキッチンの配置、お風呂の大きさやグレード、窓の大きさや外観、資材からすべて自分の考えを取り入れることができます。考えるだけでワクワクします。
しかし気をつけないといけないことは、業者や建築士の選定です。日本には多くのの建築事務所があります。個人の建築事務所もありますし、大きな会社もあります。個人の建築事務所が融通が効きますし、誇りや自信をもって仕事をしておられるので、斬新なアイディアが出てくることがあります。
逆に、大きな会社は安心感や保証が充実しているという利点があります。
建売は、一般的に受け入れられるように作ってあり、自分には合わない部分もあります。
注文住宅は買ってしまってから「ここはこうが良かったな」ということでは遅いので、よくよく考えます。金額はそう変わらないものです。デザイン料が入ってくるかもしれませんが、建売と比べ大きく変わらないというのが印象的に残っています。建売は、広告費や人件費が多く含まれていることを考えると、注文住宅とあまり変わらないのも納得できます。

ここが醍醐味!注文住宅の魅力とは?

新しい家を買う!と決めた時、さてどうやって手に入れるのか迷います。住宅展示場に出向き、イメージを膨らませ、オープンハウス、建売を見て購入、または工務店やハウスメーカーに注文して建てる方法があります。
建売は実際に目で見ることができるので分かりやすい一方、注文住宅はよく分からない事が多いかと思います。注文住宅の大きな特徴は、制約がありながらも自分好みに建てることができることです。例えば、ピアノなど楽器を弾く家、風水にこだわる家、小さな部屋がたくさん欲しい家など、個性や使用勝手を追求できるのです。これが注文住宅の醍醐味とも言えます。
窓の位置からライト、蛇口ひとつまで、全部自分で選びます。逆に全てを次々と時間と闘いながら、自分で決めなくてはなりません。
しかし、デザイナーを入れて一緒に考えることもできますし、メーカーや工務店と相談することもできます。できるだけ、家を建てたことがある友人や知り合いに話を聞くことをお勧めします。また建築途中の様子も見ることができます。壁や天井など、普段体で接しない部分の中身もじっくり見たりできるので安心でき、段々と出来あがっていく姿には愛着がわくものです。
そして、これから家族と思い出をともにする家です。家の誕生日に立ち会えるのは、かなり感動的です。
このように注文住宅は、家を自分で建てたことを十分に味わえるのが魅力と言えます。

普段の生活の動線や生涯設計にこだわった、注文住宅の家づくり

注文住宅の良さは何と言っても自分たちの生活スタイルや家族構成にぴったりの家づくりができることにあります。
私は家事動線の動きやすさと子ども達が成長して夫婦二人になった時のことを考えて注文住宅の家づくりをしました。
まずキッチンはコンクリートで作り、湿気の解消、見た目のスッキリ感を出しました。システムキッチンよりも安価で余計なものがない分、買いだめや物の溜め込みも少なくてすみます。
土地は広いので大きい家を建てるのも良いですが、建てた後の固定資産税、古くなって取り壊しにかかる解体費等を考えて、身の丈に合う、ゆとりを持って払える注文住宅の家にしました。
土地は160坪、建坪は35坪です。息子と旦那さんが野球をしているので、庭を大きくキャッチボールやバッティング練習ができるように作りました。まだ小学生の息子と赤ちゃんがいるので、庭で思い切り遊ばせられます。裏には小さな畑を作りました。簡単な野菜を育てて食育を兼ねてみんなでお世話しています。
子ども達の部屋は、思春期になってこもらないように小さく作り、巣だった後はみんなでワイワイ集まれる空間になるように小分けした部屋が大きく1つになるように設計してもらいました。壁のついでに収納も合わせて作ってもらって綺麗に壁面収納もできます。
子ども達が大きくなったら、庭は植樹をたくさんして、可愛いイングリッシュガーデンのようにしたいです。

完全オーダーメイドの注文住宅

注文住宅を建設するためには、様々な方法があるのですが、分譲住宅に比べると注意しなければならないことがいくつか存在します。分譲住宅に関しては、販売している物件を購入するだけなので、注意しするといっても耐震性に優れているか、耐火性に優れているか等です。
注文住宅に関しては、土地を所有していない場合は、土地から選ぶことになります。土地を購入するとなれば、地域によっては非常に高くなってしまいますから、家を購入するために貯蓄していても土地代だけで貯金を使い果たすということもあります。そうならないために、予め見積もりと相談をしておくことが必要になってきます。
注文住宅は、基本的にはクライアントの要望通りに建設を進めていくのですが、全ての要望を聞いてくれるというわけではありません。施工会社と相談しながら、建設を進めていくのですが、完全オーダーメイドではない限りは実現できません。
完全オーダーメイドで注文住宅を建設するとなると、分譲住宅よりもかなり料金が高くなってしまいます。少しでも安い料金で注文住宅を建設するためにも、妥協することも必要になるのです。しかし、多少自分の希望を伝えることは重要なので、伝えてみると良いでしょう。

収納を考えた注文住宅

注文住宅を建てるにあたって、多くの方は収納スペースを確保したい。という希望をお持ちだと思います。片付けられたスッキリとした居室で暮らすことは、家屋内の事故や災害などの危険からも身を守りやすくなるというメリットも併せ持ちます。また、収納スペースが確保されていれば、無駄な家具を購入する必要もありませんし、限りある家の広さを存分に活かした暮らしができるという点も魅力だと思います。収納スペースのアイデアとして、一般的な階段下や床下などもありますが、屋根裏などの空いたスペースに収納スペースを設けるということもできます。天井の高さを1.4メートル以下にすることで面積として算入されないので、感覚的に一部屋程度のスペースを確保できると考えることができます。こういったスペースは、キャンプ用品や節句飾りなど頻繁に使うことがない大きいものの収納に非常に適しています。さらには、子供のプレイルームや趣味の部屋、書斎としても使えるほどの広さですので、大きさとゆとりを兼ね備えたスペースも注文住宅では考慮してみてもいいかもしれません。
注文住宅だからこそ、一度家族のライフスタイルを見直してそれに合った収納スペースも考えてみてもいいでしょう。


丁寧な対応が好評となっているのがつくば注文住宅であり、ここなら安心して注文住宅の建設をお願いすることができるでしょう。つくばがみなさんが思っている以上に住みやすいところですので、ぜひ前向きに検討していただければと思います。

注目の記事

かわいらしい一軒家

注文住宅の本体価格に含まれないものを把握しておく

注文住宅には本体価格というものがつけられていますが、この本体価格というのはそのまま実際の住宅の価格になるという事ではありません。注文住宅は人それぞ…

» もっと読む

洋風な一軒家

注文住宅に何を求めていくべきか決めるには想像力がとても大事です

これから注文住宅を建てていくのであれば、自分がそこに求めていることは一体何なのかを決めていかなくてはいけません。やはり、注文住宅というのは自分の意…

» もっと読む

立派な家

実家での注文住宅による新居の場合…

実家が注文住宅で家を建てました。母の妹の旦那さんが建築士で会社を経営しており、そこで頼みました。まず、注文住宅の新居を建てるに当たって出せる予算を…

» もっと読む

レンガの家

私の場合…注文住宅で二世帯の家を建てました!

私は28歳で結婚し、それまでは実家暮らしだったのですが、結婚を期に彼のご両親と注文住宅の二世帯住宅を建てることになりました。まずは近くの住宅展示場…

» もっと読む